BLOG

パジュ英語村大学生留学

2017年夏休み「パジュ英語村大学生交流キャンプ」

昨年も大好評だった「パジュ英語村大学生交流キャンプ」を今年も開催します!

大学生交流キャンプについて、プログラム概要に書ききれなかった魅力をご紹介させていただきます。

韓国パジュ英語村大学生キャンプ

 

なぜ韓国で英語留学?

 
「なぜ英語を学びに韓国に行くの?」と思われる方も多いと思います。

実は、韓国は「英語教育先進国」と言われているくらい、英語教育にとても力を入れている国なのです。

韓国では国を挙げて英語教育の抜本的な改革に取り組み、2001 年には日本と韓国の TOEIC の平均点は 560 点台と差はなかったものの、2010 年には日本が 570 点台、韓国は 630 点台とその差を大きく広げました。
 
そんな韓国で各地に作られたのが、韓国国内にいながら欧米留学と同じレベルの英語環境で学ぶことができる「英語村」です。

「パジュ英語村」はその中でも一番規模が大きく、唯一政府が運営する公立の英語村として、信頼を得ている英語村です。

韓国の小学校から大学が、学校の正式なカリキュラムの一部としてこの英語村でのプログラムを取り入れて、団体で参加しています。

ここは韓国!?と目を疑うような英語が飛び交う雰囲気の中、コミュニケーション重視の実践型の英語教育を受けることができます。

 
 

気軽でリーズナブル、かつ効果的な海外留学

 
留学というと、お金の心配がつきものです。
2時間~2時間半で行くことができる韓国での英語留学は、欧米留学の1/3程度の費用で実現できます。

また、費用が安いだけではなく、欧米留学に匹敵するか、それ以上の密度の濃い英語環境を体験することができます。
 
過去に見学された大学教授はこのようにコメントされていました。

“今までにイギリス、カナダなどで短期留学の引率をしましたが、ここまで朝から晩まで徹底して英語が学べる環境は珍しいですね。
欧米の留学プログラムは午前中だけの英語レッスンで午後は遊びに出かけることも多く、その場合日本人同士で日本語を話すことも多いため、結局観光旅行と変わらない状態になってしまいます。
パジュ英語村では韓国人大学生と寝食を共にするということで、常に英語で話さなければいけないし、同じアジア人ということで仲良くなりやすい。
1週間という短い時間でも、相当密度の濃い交流ができていると感じました。”

 
 

韓国英語村留学の授業内容

 
大学生交流キャンプのプログラムは、朝9時から夕方6時までしっかりと時間割が組まれています。
欧米の語学学校のような、楽しむことが中心のアクティビティは含まれていません。

座って聞くだけの授業ではなく、ネイティブ講師による、ディベートやプレゼンが中心の実践的な英語授業が行われます。
チームビルディングを行う課題型学習が多く、課題を与えられチームで取り組み、プレゼンテーション(発表)をします。

英語力に不安があっても、チームみんなで協力して進めるので、心配いりません。
必要なのは英語力ではなく、英語が使えるようになりたいという意欲と積極性です!
 
夕方6時以降は基本的に自由時間となります。
昨年は仲良くなった韓国の学生が、徒歩15分ほどの場所にあるオシャレな芸術村に連れて行ってくれたり、英語村内でパーティをしたりと、日本人と韓国人が一緒になって楽しんでいました。

日によっては夕食後もチームで集まって、夜遅くまでプレゼンテーションの準備をすることもありました。

 
 

英語教師を目指す学生のための英語教授法ワークショップ

 
将来英語教師を目指していて、大学で教員課程をとっている人が対象の、オプションのワークショップも開催します。
パジュ英語村の厳しい英語教師トレーニングを受けた、プロの講師から指導を受けることができる、とても貴重なワークショップ!

しかもオプション費用は5,000円と、格安の受講料です。

英語の先生になりたい大学生の皆さんには、またとないチャンスです!

 
 

韓国英語留学で得られるもの

 
1週間という短い期間で英語力を上げることは、なかなか難しい事です。

この「パジュ英語村大学生交流キャンプ」では、韓国人大学生と英語漬けで過ごすことで、英語が学習するものではなく“コミュニケーションのツール”になるため、皆さんのモチベーションや、英語に対する考え方が大きく変わります。
 

キャンプ終了後には、
「韓国人大学生から大きな刺激を受けた」
「自分自身を見つめ直す良い機会になった」
「自分の英語力のなさを痛感したけど、将来の夢に向かってがんばろうというやる気が大きくなった」
という感想をいただいています。

同年代の他国の学生と密度の濃い時間を過ごすことで、かけがえのない友情が生まれ、お互いの国に対する理解も深まります。

帰国後もSNSなどを通して関係が続き、それぞれの国を訪れて、交流が続いているという良い報告もいただいています!

 

 
2017年夏休み「パジュ英語村大学生交流キャンプ」の詳細はこちらから!
夏休み大学生韓国英語留学